2008年09月07日

裸でも生きる

「裸でも生きる」という本を読みました。
「マザーハウス」という、バングラデシュでジュートという麻の素材を使ったバッグを生産し、日本で販売をしている会社の社長山口さんの半生。

自分が学生時代にやっていたロロシップと、少し似ている面がある。
悩んだり考えたりしていることが、自分と重なる面があって、読んでいるうちに思わず「そうだよな〜」とうなずくこともしばしば。

今、ロロシップの後輩が東ティモールに行っているけど…あぁ、現地に行きたい気持ちがゾクゾクするくらい沸いてきた。
貧困だとか国際協力について、日本で何もかもが嫌になるくらいさんざん考えて悩んだりしたけど、やっぱ現地に行かないと分からないよ。
人と触れないと分からないよ。

現地に行っても分からないままかもしれない。
けど、少なくとも鍵は見つかると思う。
山口さんはバングラでいろんな経験をしてて、現地を肌で感じ、それが会社に活きている。


この人はとっても真っ直ぐな人だと思った。
彼女の生きる姿勢が好きだ。


日本社会の常識や他人の評価なんて気にしていたら、真っ直ぐになんか生きられない。
真っ直ぐに生きようとすると、何か目に見えないものに押しつぶされそうになる気がする。
昔からこの社会にそんな違和感をずーっと感じている。

でもさ、自分の人生なのだから、自分を信じろ。
自分を信じて生きられるなら、それだけで充実した人生を送れると思う。
それは、本当の意味で自分を信じている人間は、本当の意味で他人を信じることができる。
そして、気がついた時には周りの人に恵まれているから。

時代の流れを読み取る能力より前に、自分の心を読み取ることがきっと大事なんだと思う。
自分のことを再確認できた本でした。

posted by のっち at 22:06| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スカイ・クロラ

スカイ・クロラという映画を観た。
哲学チックなアニメです。


「平和を維持するために、戦争を人はするのだ。 人が現に死んでいっているというのを感じないと、平和も感じられなくなるのだ」

平和を維持するために、ある一部の存在が戦争を行う世界。
人間は何をもって「平和」という状態を認識するのだろう。
戦争や争いがなくても、人間は平和というものを感じることが出来る生命なのだろうか。

そして、平和が実現した世界で戦争をしている(させられている?)存在の生きる意味って何なのだろう。


「毎日がただなんとなく過ぎ、漠然とした記憶だけがある。私はいつからこうしているのだろうか・・・?」

生きているという実感がないままこの世に生存していることと、死んでいることの間にどんな差があるのだろう。

日常が無感情に過ぎていくことが何よりも怖い。
記憶が埋もれていくんだ。

矛盾だらけの世界の中で生きている自分。
あまりに重い、みもふたもない現実から目を背け続ける世界で生きている自分。
ふとした瞬間に、考えたり感じたりして生きることがひどく嫌な社会だと思うことがある。
何も考えないで生きたほうが、幸せになれるんじゃないかと思う瞬間もある。

でも、やっぱりそれは違う。
「何かを変えられるまで生きる」
最後には、そう思える映画だった。
posted by のっち at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。