2008年07月21日

本当の自分

UNI_1397.JPG


UNI_1399.JPG






昔の夢を見た。
夏の日の夢。

自分の人生の土台になっている出来事は、夏の出来事が多い。
夏になると、いろんなことを思い出す。




本当の自分を探していた
ずっと一人で探そうとしていた
何度か一人で自分らしさに近づいた気がしていた
でも、すぐに見失う
一人で自分なんて見つからない

人と一緒にいたかった
でも自分に出来たのは、ただ一人で言葉を吐いて、声を出して、突っ立って、突っ走って
未来を失って
そして誰も見えなくなる

太陽が暖かくても
青空に吸い込まれそうでも
冷たい雨に打たれても
何も変わらないような気がしていた

求めるものを見失い
手にしたものも失っていた


あのとき吹いていた風だけが頼りだった
異国の地で吹いていた熱い風
夜の星空の中で吹いていた涼しい風
田舎の生まれた場所で吹いていた優しい風

人間の存在はちっぽけではかなくて
風に吹かれながら生きていて
自分が自分であるために、誰かのためになれればと願った

自分が誰かの自分らしさの手がかりになれれば
自分の自分らしさを簡単に見失うことはないだろう
たとえ自分が自分らしさを手にすることが出来なくても
誰かの自分らしさに自分がきっかけになることができればそれでいい


もしも自分を見失い、未来を見失い、生きる意味も失った
そんなあなたの心につながることができれば、それ以上のことはない


住んでいる場所も富も貧しさも通り越して、つながること、感じること
涙と笑顔を共有して生きていく
そう思って、勇気を出して、太陽をもう一度、眺めてみた




たぶん、少しずつ少しずつ、自分のやりたいことが具体的に見えてきているんだと思う。
出来るかどうか分からないのなら、やったほうがいい。
自分の中での意思確認が出来た気がした。


あ〜、なんだか旅に出たい気分だ。
「NO TRAVEL、NO LIFE」って本や「Adventure Life」なんて本を読んでたり、「水曜どうでしょう」なんて見てると、飛び出したくてウズウズする(笑)
posted by のっち at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。