2008年09月07日

裸でも生きる

「裸でも生きる」という本を読みました。
「マザーハウス」という、バングラデシュでジュートという麻の素材を使ったバッグを生産し、日本で販売をしている会社の社長山口さんの半生。

自分が学生時代にやっていたロロシップと、少し似ている面がある。
悩んだり考えたりしていることが、自分と重なる面があって、読んでいるうちに思わず「そうだよな〜」とうなずくこともしばしば。

今、ロロシップの後輩が東ティモールに行っているけど…あぁ、現地に行きたい気持ちがゾクゾクするくらい沸いてきた。
貧困だとか国際協力について、日本で何もかもが嫌になるくらいさんざん考えて悩んだりしたけど、やっぱ現地に行かないと分からないよ。
人と触れないと分からないよ。

現地に行っても分からないままかもしれない。
けど、少なくとも鍵は見つかると思う。
山口さんはバングラでいろんな経験をしてて、現地を肌で感じ、それが会社に活きている。


この人はとっても真っ直ぐな人だと思った。
彼女の生きる姿勢が好きだ。


日本社会の常識や他人の評価なんて気にしていたら、真っ直ぐになんか生きられない。
真っ直ぐに生きようとすると、何か目に見えないものに押しつぶされそうになる気がする。
昔からこの社会にそんな違和感をずーっと感じている。

でもさ、自分の人生なのだから、自分を信じろ。
自分を信じて生きられるなら、それだけで充実した人生を送れると思う。
それは、本当の意味で自分を信じている人間は、本当の意味で他人を信じることができる。
そして、気がついた時には周りの人に恵まれているから。

時代の流れを読み取る能力より前に、自分の心を読み取ることがきっと大事なんだと思う。
自分のことを再確認できた本でした。

posted by のっち at 22:06| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こういうの大好きです!

俺のブログも参考にしてくださいね。

よかったら相互リンクお願いできませんか?^^

http://www.xn--t8ja0ab7hufd8ne.com
Posted by ナンパ男 at 2008年09月08日 01:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106169976

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。