2006年09月25日

映画「ユリイカ」

ユリイカ.jpg
映画「ユリイカ」

九州で起きたバス・ジャック事件で、辛くも生き延びたバス運転手・沢井(役所広司)と、乗客の直樹(宮崎将)、梢(宮崎あおい)の姉妹は、2年後に偶然再会したのを機に共同生活を始めるようになる。そこに兄妹の様子を見に来た従兄の秋彦(斉藤陽一郎)が加わり、疑似家族の様相を呈してきた4人は、やがて再びバスに乗って再生の旅に出た…。


セピア色の世界がどことなく非現実な世界観を感じさせた。
それは心理的ショックを受けた人間の風景のような気もした。
どこかぼんやりとして、存在感のないようなそんな感じ。
とても眠いときに観たので、眠きないときにもう一度観たい。
posted by のっち at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。