2007年04月25日

詩の断片「春の終わりに」

夢から覚めたら、小鳥のさえずりが聞こえた
カーテンの隙間から太陽の光が漏れている
天井を見上げながら、少しずつ意識がはっきりしてくる
今日という1日のことを思った

狭い部屋の中で所在無い存在である自分
カーテンを全て開き、太陽の光を全身で浴びる
そうやって1日が始まる
どんな1日が始まるのだろうか

部屋の外で幸せが待っているかもしれない
部屋の外で悲しみが待っているかもしれない
達成感のある1日を過ごせることもあるかもしれない
なすすべなく、1日が終わってしまうかもしれない
自分に何かできるかもしれないし、何もできないかもしれない

春の桜は散ってしまい、その後には緑の葉っぱが顔を出していた
若葉は光の中でキラキラしていた
桜の花びらは、地面から緑の輝きを眺めていた
桜の花は散っても、桜の葉は輝いていた

1日が終わり、狭い部屋に戻ってくる
鏡に映る自分は元気なのか疲れているのか分からなかった
いろんなことがあり、いろんなことを知り、自分の姿がある
自分の姿を眺め、自分の存在する世界を眺める
時には目をそらしたくなる物事が顔を出す
それでも、心の中ではこんなことを思う
まだ、世界を好きだと言いたい
posted by のっち at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。