2007年11月21日

詩の断片「冷たい風が夜をかける」

冷たい風が夜をかける
カサカサと落ち葉が地面を転がる
捨てきれない願いは
枯れ木の先で震えている


傷ついた心に見合うだけの何かを求めて
必死に前を見て走ってきた
でもあの時、自分の目に映っていたもの
それは幻に過ぎないんだ
残ったものはボロボロの心


この心とどこへ行こう?
誰からも愛されないで生きていく覚悟
それでも、愛したい気持ち
矛盾したものを抱えて、死ぬまで生きる


月明かりは雲に隠れている
闇は一段と深まる
静まり返る街
雲の隙間から
小さな星を探していた
posted by のっち at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/68152884

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。