2007年11月21日

詩の断片「夢の続き」

誰もいない夜の中
夢の続きをなぞってみた
ただひたすらに
自分の感覚だけを頼りにしながら


自分の明日にまだ君がいたあの頃
人を想うことの幸せを感じていた
その気持ちを感じさせていたのは
幻を本物だと思ったからだろうか


幻だと分かっている
答えを知っているのに
心が受けつけてはくれない
どうしようもない気持ちだけが
夜の中を漂う


二度と戻れない時間の中
強がっているばかりで
自分を傷つけるだけだった
だから、もうつながりを求めない
そしてスタートラインに立つ
月明かりがあることを信じながら
posted by のっち at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩・散文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/68163119

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。