2006年05月10日

DVD「MR.CHILDREN DOME TOUR 2005 "I LOVE U" 〜FINAL IN TOKYO DOME〜」

ミスチルDVD.jpg

買いましたミスチルのライブDVD。
メンバーが楽しそうに音楽を奏でているのがよかった。

「hallelujah」〜「and I love you」への流れは感動的。
兵士や戦車や銃が写るスクリーン。
その中で「and I love you」と唄う桜井さんには圧倒される。

ライブのラストはファイナル公演だけでやった「sign」。
普段は表に出てこない小林武史がキーボードを演奏する。
サプライズな企画があったのだね。

思えば「sign」は大学に入学した頃、流れていた曲だ。
聞いていると少しそのころの新鮮な気持ちになる。
あぁ、あの頃の自分が今の自分を見たらどう思うか。
絶対に悲しむと思う。
大学を卒業するまでには、あの頃の自分が悲しまないようにしようと思った。
posted by のっち at 22:11| Comment(2) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月09日

夢の飼い主

題名はBUMP OF CHICKENの曲名です。
シングルのカップリング曲なんで、マイナーな曲です。
でも、ものすごく好き。
これまで気にしていなかったけど、最近好きになった。

歌詞が絵本のよう。
「夢」という犬(?)とその飼い主の女の子の話。
彼女は夢の出会い、飼うことにする。
服を着せ、首輪をはめて、紐でつなぐ。
他人に見せびらかし、自慢をする。
そのうち夢を呼ぶ機会も減ってくる。
夢はじぶんの色と動き方を忘れてしまう。

そして彼女は変わり果てた夢の頬に涙を落とす。
自分で着せた服を脱がして涙を落とす。
彼女は夢がこんなに白い体をしていたことに気がつく。

「この手で汚してたの?閉じ込めていたの?」と彼女は聞く。
彼女は夢の首輪を外す。
夢が自由になった。

でも夢は自分の意思で彼女に身を寄せる。

・・・そんな話です(文章じゃ伝わらないので歌を聴くのが一番)

「夢」を犬ではなく、夢そのものだと捉えてみる。
自分で育てて、着飾って、飼いならした「夢」
いつの間にかもともとの「夢」とはかけ離れた姿になっていく。
変わり果てた「夢」の姿に涙を落とす女の子。
自分の夢に対して虚勢を張るばかりで、いつの間にか、もともと自分の中にあった「夢」が変わり果てたことに気がついた歌のように感じた。

そして今まで自分をないがしろにして生きてきたような気がした。
自分に嘘をつかなければならない現実をたやすく受け入れていた。
そんなことに気がつきました。
posted by のっち at 23:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

LINKIN PARK「METEORA」

LINKIN.jpg
友達から借りました。

サウンドがかっこいい。
骨太で破壊的。
静と動が融合してるって感じ。
ハードなんだけど、メロディアスなんだよな。
すげー。

歌詞の方に目を移すと、まるで心の叫びのようだ。
苦しみや葛藤がモロに出ている。
暗めの歌詞。

アルバムの最後をこう締めくくる。
「but I know I may end up failing too
but I know you were just like me
with someone disappointed in you」

そんな暗めの歌詞がこのサウンドにのって歌われるのが凄くいい。
いいCDを聴けたぞ!
posted by のっち at 23:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月01日

SOIL&“PIMP”SESSIONS「PIMP MASTER」

pimp master.jpg

ジャズです。
思わず飛び跳ねたくなるようなジャズです・笑
聞いていて、楽しくなる。

中でもピアノの弾けっぷりがかっこいい。
思わず聴き入ってしまう。

この疾走感がとてもよい!
テスト勉強が行き詰ったときによい、かも!?

それにしても、ジャズって色々なジャンルを包括している音楽だなぁ。
posted by のっち at 22:50| Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

東京事変「大人」

事変.jpg

買いました、東京事変「大人」
CDを開けると、いい香りが漂ってきた。
なんと、歌詞カードに香り付き!

「秘密」「喧嘩上等」
いい感じです。
バンドサウンド全開です。
「雪国」
きれいで、不安げなメロディー。
雪国に迷い込んだよう。
「手紙」
もう、今は会えない誰かに向けて歌っている感じ。
胸に響きました。

まだ一回しか聞いていなんで、何度も聞いて「大人」の世界を味わいます・笑

さて、CDを買ったときHMVのフリーペーパーをもらったところ
バンプの升秀夫の連載コーナーがあった・驚
知らなかったぞ!
posted by のっち at 19:42| Comment(2) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

YOSHIKI「Eternal MelodyII」

YOSHIKI.jpg
先日、友達から借りたCD。
YOSHIKIによるクラシックの曲。

1曲目の「WITHOUT YOU」の出だしから引き込まれた。
なんてきれいな曲なんだろう。
そのまま、ずっと引き込まれっぱなし。
全曲が涙の出そうになる名曲。

一人部屋の中で静かに聴きたいCD。
それも、夜が似合う。
暗闇に打ちひしがれそうな、か弱い光みたいなものを感じました。
(分かりにくいかー)

クラシックを聞いたことない人は、クラシックの世界に引き込まれると思います。
クラシックを聞いている人は、思わず驚いてしまうと思います。
とてもいいCDです!
posted by のっち at 17:45| Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月20日

DVD「ap bank fes’05 」

ap bank.jpg
友達から借りました。
大学が午前中で終わったので、午後はゆっくり鑑賞。

桜井さんをはじめ、フェスに参加しているメンバーがとても楽しそうに音楽を楽しんでいた。
ステージの上で、音楽を鳴らしていることに幸せを感じているってな感じ。

「HERO」で桜井さんが涙を流していたのが印象的だった。
途中で声が出なくなってしまう。
オーディエンスからは合唱が聞こえてくる。
感動的!
そして、DVDで見ているこっちも歌いたくなった・笑

音楽だけではなく、ap bankの趣旨の通り環境についても考えさせられる作りになっていて、単なるライブDVDにとどまらず、少し考えさせられた。
出来ることからやっていこう、というメッセージがとてもよいと思った。

3枚組なのだが、あっという間に終わってしまった。
それだけ、音楽の楽しさみたいなものが伝わりました。
今年もフェスがあるなら、行きたいな。
posted by のっち at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番・3番」

ラフマニノフ.jpg

思ってみれば、日々を過ごしていく中で音楽を自分で聴かない日って数えるほどしかない。
ちなみに去年音楽を聴かなかった日は、東ティモールに行っていたうちの何日間かと、天文サークルの合宿の時くらい。

そんな自分にとって大切な音楽。
いろんなジャンルがあるけど、今日はクラシックのCD。
一般にラフマニノフはマイナーかな。
映画「シャイン」を見た人なら、分かるかも。
第3番は映画の中で主人公が弾いていた曲です。

映画を見ていい曲だなぁ、と思っていて高校の頃に購入した。
しかも作曲者本人による演奏。
録音は第2番が1929年、第3番が1939&1940年!
第二次世界大戦前ですぞい。

そういえば、第2番はフィギュアスケートの村主選手と高橋選手が使っている。
じゃあ、有名か・笑
トリノオリンピックでは曲の方にも注目すると面白いかも。

さて、曲のほうですが力強くて、繊細。
聞いていてそんな感じがする。
ピアノの演奏レベルは数ある曲の中でも高いらしい。

どちらも入りはとても暗い。
特に2番は暗い。
でも最後にはなんとか頑張ろう、みたいに「少し」明るく終わる。
だから落ち込んだときに聞くと効果的。
いい曲だから、落ち込んでいなくても聞いてしまう。

それにしても、第2番の重々しく暗いメロディーはいつ聴いても背筋が凍る。
そして、第3番のラストのピアノの凄さには驚かされる。
posted by のっち at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

James Blunt「Back to Bedlam」

ジェイムス・ブラント.jpg
今日はロロシップでミーティングがありました。
今年最初のミーティング。
あぁ、議事録を書かなければ・汗

さて、上にあるのは店で視聴して買ったCD。
何でも去年イギリスで一番売れたCDらしい。
James Bluntという人は元軍人でコソボなどに平和維持軍として行った経験があるらしい。

まぁ、売り上げだとか経歴だとかに関係なく、よいCDであった。
メロディがシンプルでとても綺麗。
聞いていて和む。

2曲目「You're Beautiful」は悲しいラブソング。
聞いていて切なくなります。
サビでは何度も”You're Beautiful”と歌う。
けど届かなし、そのことも分かっている。
そんな歌。

最後の曲「No Bravery」は重々しい曲。
なんでもコソボに派遣されていた頃に作った曲らしい。
印象に残ったフレーズ。
「And I see no bravery
No bravery in your eyes anymore
Only sadness」
「Arms outstretched into the sky
But no one asks the question why」

最後にこういう曲をもってくるとは、アーティストだな。
その精神が好きだ。
まだデビューしたばっかりだし、今後にも期待!
posted by のっち at 22:12| Comment(0) | TrackBack(2) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

X JAPAN「Ballad Collection」

X.jpg

初めて聞いたXのCD。
聞いたのは中学の時で、その頃Xは解散していました。
いやー、リアルタイムで聞きたかった。

このCDは「Ballad Collection」なので、静かな曲が集まっています。
1曲1曲が高い完成度で聞き応えがある。
泣ける曲が多い。

曲がものすごくきれい。
ロックと言うジャンルでいい曲はいっぱいあるけど、きれいと思える曲はXぐらいだな、と思う。
歌詞も暗い感じが多いけど、好きだな。

今日はふと、こんな歌詞にひっかかりました。
「Where can I go from here?
Say anything…Say anything」
(Say anythingより)
どこにいけばいいのか。
教えてもらえたら楽なものだけど、それはないことですね。
自分できちんと見つけなくちゃな、と思いました。
posted by のっち at 23:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月28日

Mr.Children 「1/42」

ミスチル42分の1.jpg
いまだミスチルのライブの気分が抜けていません・笑

今日は大学の授業のあと、ロロシップの作業をしました。
文化祭後のアクセサリーの在庫確認を中心にアクセサリーに関する作業をしました。
在庫管理って難しいと思った。
うーむ、何かいい方法はないものか?

さて、家に帰ってきてからはミスチルばっか聞いています。
その中から一つ。
「1/42」
ミスチルのライブCDです。
いや〜、やっぱいい!
昨日のライブで演奏された曲を聞くと、感動が再びって感じです。

「tomorrow never knows」から「終わりなき旅」の曲順は最高!
「tomorrow never knows」はミスチルにはまるきっかけとなった曲。
小学生の時は死ぬほど聞いてました。
実家でケーブルテレビに入っていた時期があり、音楽チャンネルでこのミュージックビデオを録画して、死ぬほど見てました。
「償う事さえ出来ずに今日も痛みを抱き
 夢中で駆け抜けるけれども まだ明日は見えず」
ってとこが好き。
痛みを抱えながら走っているのに、明日も見えないのはとても辛いこと。
そして、
「勝利も敗北もないまま孤独なレースは続いていく」
走り続けることって難しいと最近つくづく思う。
走れる限りは走りたいけど、時には休みも必要さ、ってのが自分のスタイル。
けど、痛みを抱えながらも前へ行くことが必要なこともあるんだな。
傷を残したまま歩くのは、きついし辛いから、
きっちり治してから行きたいもんだが、そう簡単なものじゃない。
なんてことを、「tomorrow never knows」を聞いて思いました。

「終わりなき旅」は受験なんかの時によく聞いてました。
当時は「高ければ高い壁の方が登った時気持ちいいもんな」ってとこが好きだった。
まさに、受験のときにはもってこいの曲だね。
ちょっと疲れている時には前向きになれる。
かなり落ち込んでしまった時だと逆にへこんでしまったこともあるが・苦笑
でも、とってもいい曲には変わりないです。

あ〜、またライブ行きたい!
posted by のっち at 23:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

BUMP OF CHICKEN「supernova/カルマ」

bump.jpg
フライングですが、バンプの新曲買いました!
両A面です。
どっちもいい曲!
バンプはやっぱ歌詞がいいね。
さらりとは聞くことができない。
バンプを聞くときは歌詞カードが必需品。

supernovaはゆったりとした曲。
カルマはテンポの速い曲。
曲調の異なる2つの曲だけど、どちらの曲も共通したテーマに「存在」ってのがあると思った。
supernovaはどちらかと言うとストレートに、カルマは比喩を使って唄っております。
何度も聞いて、「supernova/カルマ」の世界に浸ろうと思います。

そして、シークレットトラックは・・・。
思わず笑っちゃいました・笑
posted by のっち at 22:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

東京事変「修羅場」

東京事変.jpg
明日に提出するレポートに苦しめられています。
息抜きにブログでも書くか。
レポートやりながらいろいろな曲を聞いてるけど、新しいのからチョイス。
昨日、借りてきました東京事変。
林檎の世界って独特で、そこが好き。
修羅場はテンポのイイ曲。
音の作り方も面白い。
しっとりしたバラードの落日もイイ!
ピアノの音と林檎の歌声が切なさをかきたてる。
椎名林檎、東京事変はカップリングにも手を抜いていない。
来年にはアルバムの発売も決定。
楽しみ楽しみ。
posted by のっち at 23:42| Comment(5) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月25日

Sigur Ros「()」

Sigur Ros.jpg
今日はバイトがてらレンタルでCDを大量に借りました。
なにせ1枚100円の日だったもんで。
その中の1枚。

Sigur Ros「()」
洋楽です。題名はないです。
久々に音楽に「衝撃」というものを受けました。
しかもその衝撃が大きい。
第一級の衝撃。
もっと早く聞いておけばよかった。。。

なんというか、とても神秘的なサウンド。
深い森の中、霧のかかった湖、光の届かない海の底、何も無い真っ白な空間。
イメージはそんな感じ。
音がきれい。
手で触れると今にも崩れ落ちそうな音楽。
音楽を聴いていて、空間を感じる。
これはクラシック音楽を聴いていて感じる感覚と似ている。
そして、自分の中に音が流れてくる。

いい音楽を聴くことが出来た。
他の作品も評判がいいらしいので、近々聞いてみよっと。
posted by のっち at 23:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月24日

「キラーストリート」サザンオールスターズ

キラーストリート.jpg
本日、レンタルで借りました。
7年ぶりのアルバムで2枚組。
なので、シングル曲が流れると、懐かしいなーといった感じになる。
サザンの曲はサラッとしていて聞きやすい。
そして、ときどきエロイ・笑

シングル曲以外によかったのは「からっぽのブルース」「別離」「FRIENDS」辺り。
「からっぽのブルース」はDISC1の1曲目だが、ちょっと暗めなイントロがいい。
アルバムとしては、出だしが暗めの方が好きな傾向がある・・・。
「別離」は題名の通り別れの曲で詩は悲しいのだけど、曲はなぜか明るい。
そのギャップがおもしろい。
「FRIENDS」いい曲!こういう曲好きです。8分に及ぶ大作。
じわじわと盛り上がっていく曲。盛り上がっているところもいいけど、始めと終わりの淋しげなメロディーがよかった。

夏の浜辺で聞きたいな♪
だけど、もう季節は秋だ・・・。
posted by のっち at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

BURGER NUDS/BEST

バーガーナッヅ.jpg
今日は大学で一コマ授業があって、その後バイトしてました。
そして今、実験レポート中です。
少し息抜きにブログでもかきやす。

BURGER NUDSというもう解散したバンドのベストアルバム。
レビューなんかを見て、よさような感じだったので買ってみました。
メロディーは耳になじみやすくて、聴きやすかったです。
特徴は歌詞かな。
きれいで、どこか悲しい感じ。

「AM4:00」という曲がよかった。
曲の始めはゆっくりと気だるい感じで始まり、疾走感のあるサビ。
そのギャップが聞いていていい。
「失くすだけの夢を信じたくない」という歌詞が光る。

それから「鋼鉄の朝」に聞き入った。
淡々としていてゆったりとした曲。
で、歌詞はめっちゃ暗い。暗すぎ。
曲調がどこか優しいから、ぼんやり聞いていると暗い曲とは感じないが・・・。

歌詞カード見ながら聞くようなアルバムかな。
けっこうよかったです。

それにしても、早くレポートを終わらせなければ(汗)
posted by のっち at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月07日

GO!GO!7188「蛇足歩行」

GO!GO!7188.jpg
GO!GO!7188。
メロディーがちょっと昔っぽいのだが新しい。
聞いていておもしろい。
歌詞もいい。

その1stアルバム「蛇足歩行」
「こいのうた」は名曲。
切ない片思いの歌。
ストレートなんだけど、深いし共感する歌だな。
ベタっちゃベタな歌だけど、好きだな。

「パンク」
題名通り、パンクな曲。
歌詞だけ読んでいると、とても淋しい。
「きっといつも こんな風に
 何もしないでいれば
 いやな思いもしないで
 暮らせるのかもね」
そうだよな。
何もしなけりゃ楽だし、嫌な思いもしなくてすむかもしれない。

1stアルバムで荒削りな感じはある。
だけど、それが魅力でありもする。
posted by のっち at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

Mr.Children「I黒ハートU」

I LOVE YOU.jpg
バイトの後に閉店ぎりぎりで予約していた店に到着し、なんとか購入しました。

Mr.Children「I黒ハートU」

名曲揃いだが、今の自分には「CANDY」が効きました。
なんか、自分が最近感じていることが、そのまんま詩になった感じ。
桜井さん、ありがとう・・・。

それから、「潜水」のあるフレーズ。
「君に届くはずない」ってフレーズ。
胸に突き刺さりました。
僕も詩のような物を書いたりしていますが、「届くはずない」なんて怖くてかけません。

シングル曲もアルバムの中で聞くと違って聞こえておもしろいな。


自分は、ミスチルが好きなんだな、とあらためて思った。
いろんな音楽を聞いてきたけど、自分の中で3本の指からミスチルが落っこちたことはない。
いつも心のどこかにミスチルがいるんだな。
ある時、気がつけば他のアーティストの曲を聞く時期があっても、時間がたてばミスチルに戻ってきている。
今はもちろん一番だ。
今晩はミスチルを聞きながら眠りに就きます☆
posted by のっち at 23:47| Comment(0) | TrackBack(6) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月22日

BUMP OF CHICKEN「プラネタリウム」

プラネタリウム.jpg
昨日、BUMP OF CHICKEN「プラネタリウム」を買いました。
けっこう品切れの店があって、3件目でようやく発見。
自転車で汗水たらして、買いに行きました・笑

「プラネタリウム」は優しい感じでとても聞きやすい曲です。
これは、片思いの歌なんかな。
「消えそうなくらい輝いてて」「見えなくても輝いてて」って、なんかいいなぁと思った。
自分の思っているひとってのは輝いてるもんですよね。
うんうん。

2曲目の「銀河鉄道」は、始めそんなんでもなかったけど、聞けば聞くほどよくなってきました。
たった一人の旅立ちの歌って感じ。
見送ってくれる人のいない旅立ち。
とても淋しい。
銀河鉄道はどこに向かってんだろな。
この歌の主人公にとって、いい場所に向かっているならいいな☆

で、お約束の隠しトラックはおもしろい!
ひたすらおもしろい!!
まじで笑えます!!!
感動する曲だけでなく、こういう曲を作っちゃうのもバンプのいいとこですなぁ・笑
posted by のっち at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

ミュージックバトン

こんさんからいただきましたミュージックバトン。
書いてみます。

Q1 今パソコンに入っている音楽ファイルの容量

400MB

以前は2,3GBは入ってましたが、整理してこのくらいになりました。

Q2 最後に買ったCD

Syrup16g [coup d’Etat]

過去の記事にもありますが、Syrup16gの歌詞はすごい。
絶望、それしかありませんって感じ。
でも、なんか好きなんだなぁ。

Q3 今聴いている曲

X JAPAN 「Endless Rain」

中学、高校のときよく聞いていました。
ひさびさに聞いています。
初めて聞いたときは鳥肌ものでした。
美しいバラード。
心の傷を持った人が、やまない雨の中をあてもなく歩いている。
そんな曲。

Q4 よく聴く、または特別な思い入れのある5曲

〇Mr.Children「掌」

ミスチルの曲は、よく聞く曲は多いので今日の気分で。
そういや、この曲は浪人してたときの帰り道、街頭テレビでよく流れていたなぁ。
その印象が強い。
自分は小学生のときからミスチルが好きで、ミスチルと一緒に大きくなっていった(笑)ので、ミスチルの曲を聴いているとその時の記憶が思い出されることがありますなぁ。

〇BUMP OF CHICKEN「ロストマン」

バンプの曲も、よく聞く曲は多いので今日の気分で。
バンプを聞くようになったのは、去年の9月辺りから。
ちょうど、国際協力で東ティモールに行くちょい前に友達からCD借りたのがきっかけです。
東ティモールではずいぶん聞いてました。
東ティモールは常夏の陽気な感じの島国なんですが、そこでバンプ聞いてた自分っていったい・・・。

〇radiohead「Pyramid Song」

radioheadは高校のときに衝撃的な出会いをしました。
なんかのテレビでこの曲が流れていて、「これだ!!」と本能で感じました・笑
なんか、ヒットチャートが根拠のない明るい歌ばっかであきあきしていた時期で、そんなときに、絶望を静かに受け止めている感じのこの曲に惹かれました。
今でも、周期的にヘビーローテーションになります。

〇STRAIGHTENER「TOWER」

STRAIGHTENERはCD屋で視聴して買いました。
めったにそんなことはしないんですがね。
曲をきいてるだけでだと、なんかストレートなこと歌っているのかなと思ったけど、
よくよく聞くと、歌詞が深いっす。

〇ビョーク「I've SEEN IT ALL」

映画「ダンサー・イン・ザ・ダーク」のテーマ曲。
「I've seen it all、I've seen the dark」(すべてが見えた、暗闇だった)
と、目の見えなくなる主人公が歌う姿にはなんともいえないものがあります。
ビョークの歌にも魂を感じますね。
だから好きだ。


Q5 番外編(上の質問で書ききれなかったことがあったら、こちらへどうぞ)

やはり、5曲に絞るのは難しかったです。
けど、名前をあげるアーティストの上位3組は不動でしょうな。
他にもジャズやクラシックもよく聞いております。
音楽は自分の生活の一部です。
なんか、最近は重い曲を聴くことが多いかな。
やっぱ、歌詞の深いものを好んで聞いているのかも。

さて、バトンどうしよう。
まだまだ輪が狭いので。
きちんとまわせるかな?
こんさん、バトンありがとう〜。

posted by のっち at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。